slider

今日のみことば

マタイの福音書5章3節
「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだからです。」
/この貧しさは、誰かに支えてもらわなければ生きていけない究極の貧しさのことです。イエスは、そういう自分で自分を維持することができないほどの貧しい人は幸いだと教えます。これは経済的なことでなく、いのちのことです。自分では希望もなく、人生を順風に歩む力もない貧しさです。その事実を認めるへりくだった態度であり生き方です。何一つ自分に良いものを見出せないので、神の前にひざまづくしかないのです。そして、イエスは、人の幸いは天の御国に属していることだと教えます。神に助けを求めるときこの幸いが与えられるのです。

みことばをメールで受け取る