slider

今日のみことば

イザヤ9章1節
「しかし、苦しみのあったところに闇がなくなる。先にはゼブルンの地とナフタリの地は辱めを受けたが、後には海沿いの道、ヨルダンの向こう、異邦の民のガリラヤは栄誉を受ける。」
/北イスラエルはアッシリアに滅ぼされ、捕囚政策により異邦人も住むようになります。その後、バビロン、ペルシャ、ギリシャ、ローマに支配され自律(立)することもできず辱めを受け続けます。しかし、ローマ時代、キリストが来られ、ガリラヤで宣教を開始されました。ここはその預言です。今目の前にある厳しさの先に神の確かななぐさめと回復が宣言されているのです。

みことばをメールで受け取る