いのちを守るために

箴言7章5節
「自分をよその女から守り、ことばの滑らかな、見知らぬ女から守るために。」
/7章ではさらに性的誘惑の恐ろしさを示し、知恵を身近に置き、知恵と親しくし、知恵に歩むことがそれらかの守りとなることを教えます。性的堕落はどの時代でもいのちを蝕む大きな罠なのです。