がっかりしたときに

出エジプト記32章19節
「宿営に近づいて、子牛と踊りを見るなり、モーセの怒りは燃え上がった。そして、手にしていたあの板を投げ捨て、それを山のふもとで砕いた。」
/山の上で、神の民として受け入れられる祝福の教えをいただいていたモーセ。翻って、麓ではモーセの帰りを待てずに自分たちの感覚で、自分たちを満足させるために勝手な神を造り上げて騒いでいた民。神にとりなしたモーセでしたがそれを見るなり怒りは頂点に達します。しかし、感情的な怒りでなく、神のきよさと正しさを基準として対処します。私たちも誰かにがっかりしたとき、どこに立って行動するかを探られます。