神としてのあり方を捨てられないとは考えず

創世記44章33節
「ですから、どうか今、このしもべを、あの子の代わりに、あなた様の奴隷としてとどめ、あの子を兄弟たちと一緒に帰らせてください。」
/かつてはヨセフを殺そうと考えたり、隊商に売り飛ばしたりしたユダだが、今彼は父親のために、ベニヤミンのために自分を身代わりとして差し出すのである。ユダは妻や子どもたちをも捨てる、自分の人生を捨てる覚悟でみがわりを申し出たのである。このユダヤの姿はイエス・キリストの姿と重なるのである。