神のことばを退けているから

1サムエル記18章8節
「サウルは、このことばを聞いて激しく怒り、不機嫌になって言った。「ダビデには万と言い、私には千と言う。あれにないのは王位だけだ。」
/ダビデの活躍にサウルは喜ぶどころか、妬みと恐れをいだきました。サウルは神によって王とされ、神によって退けられているのですが、そのことを受け入れることをせず王位にある自分にしがみつきます。王位がサウルをサウルとするのではなく、神によってなのですが・・・