神の働きのために神を求める

出エジプト記33章23節
「わたしが手をのけると、あなたはわたしのうしろを見るが、わたしの顔は決して見られない。」
/民が罪を犯したことで神が伴われないという宣告に対し、モーセは身をもってとりなします。そうして神が伴われる約束をいただきました。そしてモーセは自分がリーダーとして負信仰な民を確信をもって導いていけるように神の栄光を見せてくださいと願います。神はモーセの願いを聞き入れ、人がギリギリ見られる神のうしろ姿(神の栄光の残り香)を特別に見せて下さると約束されました。神の働きのために、神と深く交わる(神をさらに知る)ことは必要なことです。